2018年 7月 23日 (月)

犯人から「落ち葉のメッセージ」? 島根女子大生事件

印刷

<テレビウォッチ>島根県浜田市の女子大生が広島県の山中で遺体で見つかってから、ほぼ1か月が経過した。

   番組では、事件直前にはいていた本人のものによく似た「靴」(黒いスニーカーの左足)が、フィーチュアされている。被害者が住んでた大学寮付近で11月30日に見つかった。これを受けて、番組捜査本部は、誰かが事件後、最近になって意図的に靴を置いたとの見方を強めている。もっとも、これはリアル捜査本部の受け売りでもあるようだ。

警察はまだ

   靴が「置いて」あったのは、道路脇の側溝。行方不明後、その付近が何度も捜索されたことは既報だが、今日は新たに「落ち葉の『メッセージ』」が紹介された。捜索時、側溝にはすでに落ち葉が溜まりはじめていた。ところが、見つかった靴は「綺麗な状態で、(落ち葉に埋もれてるどころか)靴のなかに落ち葉1枚なかった」(緒方昭一リポーター)というのだ。

   「警察は、まだ靴が被害者のモノだとは言ってないんですか?」と、小倉智昭キャスター。深読みマイスターは誰かのイタズラ説をも念頭に入れてるのだろうか。「確認を急いでいるが、断定はできておりません」(緒方)とのことである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中