知事選出馬の大仁田厚 「県民を舐めた行為」と批判する相手は…

印刷

   2010年2月の長崎県知事選に出馬を表明した元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏がブログで、選挙への意気込みを示している。

   親交の深い新党大地・鈴木宗男衆院議員に再三出馬について相談していた大仁田氏。ブログでもその様子が綴られていたが、「慎重に考えたい」「謙虚に冷静に考えないと」と熟慮している様子がうかがえた。

   09年12月4日の記事では「2010年長崎県知事選挙に出馬します」と表明。同じく正式に立候補を表明し、「対抗馬」となる橋本剛氏(民主党推薦・前農林水産省改革推進室長)については、「脱官僚」を掲げる民主党が「官僚を長崎に送り込んできた」ことに解せない様子。「長崎県民を舐めた行為」と噛み付き、「県民の意地とプライドの戦いです」と早くも意気込んでいる。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中