宮里藍、米国に家購入 「本腰入れてますます頑張るため」

印刷

   女子プロゴルファーの宮里藍選手が2週間ぶりに更新したブログで、今シーズン最終戦を総括している。

   2009年12月5日、今シーズン最終戦「京楽カップ日韓対抗戦」を沖縄で終えた。チームで競う対抗戦は韓国に軍配があがり、宮里は後日書いたブログ記事で、「結果は負けてしまい最後に悔しい思いが残る試合となりました」

   初日に16点差つけられたのが響いた。チークワークはよくプレーしやすかったのだが、敗因は初日、気持ちの盛り上がりに欠けてしまったと分析している。

「やっぱり何が何でも2日目は勝つ!とこだわってプレーした結果が9アンダーに繋がったと思います。最後のイーグルは沖縄の風と、ギャラリーの方のパワーが後押ししてくれたと思っています」

   もう一つ、読者には報告があるという。それはついに、アメリカに家を買ったことだ。これまでの4年間はアパート暮らしだったのが今後、アメリカでプレーしたい気持ちは強くなる一方とあって、「本腰入れてますます頑張る為にも、いろんな意味を考えて買いました」

   オフシーズンは引っ越しで忙しくなりそうとおどけながらも、すでに見据えているのは来シーズンのことなのである。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中