2018年 5月 22日 (火)

鈴木おさむ、武者震い 願いが叶う「伝説の井戸」とは

印刷

   放送作家でお笑いトリオ「森三中」・大島美幸の夫の鈴木おさむが、2009年12月6日のブログで、明治神宮の「伝説の井戸」に行ったと報告している。

   鈴木がいう「伝説の井戸」とは、明治神宮御苑内にある「加藤清正の井戸」のこと。若い女性の間では、この井戸の写真をパソコンや携帯画面の待ち受けにしておくと「願いが叶う」という噂があるらしい。鈴木の知り合いの芸人2人も井戸の写真を待ち受けにしたところ、新しい仕事が決まったという。

   鈴木は、もともと芸人占い師・島田秀平に占ってもらった際、「伝説の井戸」は「かなりのパワースポット」で「新しいアイデアがどんどんわき出てくるからぜひ行って欲しい」と言われていたらしい。数ヶ月間放って置いたが、良い噂を聞いたこともあり、現在「すごくプレッシャーのかかる大きな仕事」を抱えている鈴木は、その井戸に行ってみたという。

   実際に対面した井戸は、「ずっと見ていたくなる」不思議な感じがして「ぶるっと、鳥肌が(武者震いにも近い感じ?)」立ったという。早速、井戸の写真をパソコンの画面に貼った鈴木は、「今からまた、その仕事に向かいあいまぁす!」と気合を入れ記事を締めくくっていた。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中