ガタガタの民主党 それでも自民に「お呼び」かからない訳

印刷

テレビウォッチ>献金、基地、景気etcetc。あちらこちら課題山積の鳩山政権。そんな状況に、小倉智昭キャスターは「もしも、もしも万が一なんてことがあって、じゃあ自民党に任せられますかって……!? いま日本の政治家には任せられないってことになりません!?」と、得意のサキヨミを織り交ぜつつ、日本のお粗末な政治家状況を嘆いていた。

   で、オグラに話を振られたのはゲストの田崎史郎・時事通信社解説委員長。「自民党にとって問題なのは、もう1回政権を元に戻そう声が上がってこないこと」だと言う。そして「私たちも民主党に期待している。だから、この政権がきちんとしてもらわないといけない。そうじゃないと、有権者の不満はたまる一方」と政権の奮起をうながした。

万が一

   ところで、「私たち」という代名詞は曖昧で、いろんな解釈ができる。この場合、たとえば「私たち」とは「マスコ(ゴ)ミ」のことだと受け取られかねないのである。コメンテイターの方々には「国民」「有権者」などの表現を用いるよう、おすすめしたい。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中