高樹千佳子、番組休んだ理由 「まさか、こんなに痛いとは…」

印刷

   アナウンサーの高樹千佳子がブログで、番組を休んでしまった理由を明かしている。

   2009年12月5日放送の「めざましどようび」(フジテレビ系)と、「カウントダウン・ジャパン」(TOKYO FM)のレギュラー出演を「体調不良」のため取り止めていた高樹。7日の記事では「検査の結果、『椎間板ヘルニア』でした」と報告している。

   この病気に罹った人が周囲にいたようで「痛い痛い」とは聞いていたが、「自分とは無縁」と思っていたという。だが「本当に突然」罹ってしまった。高樹の場合症状は「腰より、むしろ足の激痛」で、現在は「歩行困難」。当初は「痛みで夜も眠れない」ほどだったそうだ。

   そんな「身動きが取れない」状況なので、「すっかり親に甘えて」いるという高樹。「皆さんも、本当に本当に気を付けてくださいね」と呼びかけている。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中