「密約公開」大平首相の戸惑い 今、岡田外相の決意とは

印刷

<テレビウォッチ>岡田克也外相が、就任して最初に口にしたのが、「核持ち込みに関する日米密約の調査」だった。歴代の首相、外相が一貫して「存在しない」と否定し続けてきたものだ。

   1960年の改定日米安保条約では、米艦船の核兵器の持ち込みは「事前協議」が必要とされた。が、いまだかつて協議が行われたことはない。一方日本政府の「非核三原則」の3つ目は「持ち込ませず」である。

   では、日本に寄港する艦船は、すべて核を降ろしてから来てたのか? そんなバカな。それでなくても30年も前から、米高官の発言や公開資料から「密約」の存在は明らかになっていた。

口開く元関係者たち

   ここへきて、関係者がようやく口を開き始めた。東郷和彦・元条約局長は、「国会答弁で密約を否定しながら、このままでは限界がくるなと思っていた」という。「ウソをついていた?」との問いに、苦笑しながら「ねじれたまま結局今年になった」と。

   複数の元外務次官も口を開いている。要するに、前任者から「手書き」のメモのようなものを引き継ぎ、大臣に伝え、後任に引き継いできたという。内容は、「米艦船搭載の核は事前協議の対象としない」というもの。60年の藤山愛一郎外相とマッカーサー大使の密約そのものだった。

   大平首相(当時)がこれを公にしようとしたことがあったという。74年、米海軍のラロック元少将が、米議会で「日本寄航に際して核兵器を降ろしたことはない」と証言して大問題になった。国会は紛糾したが、政府は「密約はない」と突っ張り続けた。

   大平が密約を知ったのは外相だった63年、ライシャワー大使から聞いた。以来、「ウソ」に思い悩む大平を秘書官が見ている。そして79年首相になったあと、伊東正義官房長官、加藤紘一官房副長官、森田一秘書官の3人に、「国民に明らかにできないか」と問いかけた。

   伊東は「うーん、それはどうだろう」。森田は「それはダメですよ」。加藤は「いま無理じゃないでしょうか」と答えたところ、首相は「難しいから聞いてるんじゃないか」とぶ然としていたという。加藤の記憶だ。

   世論が核問題に厳しかった当時、密約公開は政権の危機につながる可能性があった。以来、歴代内閣はこれを踏襲してきた。しかしこの間に、60年の密約文書もライシャワー大使の公電も、順次米側で公開されている。

核のない世界へ

   岡田外相に国谷裕子が聞いた。「なぜ検証が必要なのか?」

「アメリカが公開したものを『ない』といい続けたことで、政治と外交への信頼をそこねた。外交に秘密はつきものだが、将来公開されるとなれば、変なことはできなくなる」「いま、私なり鳩山さんが『ありません』といったら、またしばらく公開できなくなってしまう」

――「いま焦点は核の拡散だが、非核三原則は重要か?」

「現実に核の抑止は重要で、核の傘に依存せざるをえない。しかし、アメリカもオバマ政権になり、核のない世界を目指すという視点を共有している。日本の核政策をもう1度考え直す時期。現実的にどんなステップを踏むかだ」

   岡田外相の指示で、これ以外の密約も含めすでに外務省の調査は終わり、有識者会議が検証中だ。結果が明らかになるのは年明け。最長は実に50年目である。

   ふと思った。歴代首相の中で非自民の細川護煕、村山富市は、密約をどう思ったのだろう。あらためて聞いてみたい。

ヤンヤン

   *NHKクローズアップ現代(2009年12月7日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中