加藤紀子 義父が謎の水晶購入、お値段は……

印刷

   タレントの加藤紀子がブログで、義理の父親が購入した「水晶」の話を面白おかしく書いている。

   2009年12月7日の記事によると、先日、長野県へ行った。夫の父親(チチウエハーンと加藤は書いている)の体調がよくないのが心配だったからだ。顔を見て元気だったので、ほっと一安心だった。

   居間に上がると、父親は「これを見てくれんか!」と古い箱を取り出してきた。周囲の紙は破れ、段ボールで仕切られている怪しげなものだ。「むむむ?なんすかこれ??」。出てきたのはなんと、水晶である。なぜ水晶があるのか。加藤はこう説明する。

「ある日、家にヨシハラって40代ぐらいの男性から電話があり、見て欲しい物があるとのこと。そして彼が家に来て、次から次へとこのような水晶や翡翠のなんかをチチウエハーンに見せるのだそう」

   で、この水晶はその昔、マグロ漁船の人物がマグロ数匹と交換した代物で、相当の価値があるらしい。くだんのヨシハラ氏は「30万円でいかがでしょう?」と持ちかけてきた。父親は結局、3万円で買った。加藤はこれに、

「わあ~喜んじゃだめ~!!!!!!!!!」「絶対騙されてる!!!」「全然お買い得じゃない!!!」

と心底心配した様子。でも、実は父も、なんとなくわかっているようで、「外国に行けないからさ、外国に行って買ってきたと思えばいいんだよな~」と。そんな話を聞かされたら、相手はどう思うか。リアクションを楽しんでもいたようだ。

   ともあれ、加藤は「でもさ、こういうのって本当にあるんだね。壷とか掃除機とか布団とか売りにくる人の話を聞くけど、実際にね」と驚きを隠せないでもいる。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中