亀井ゴリ押し5連勝 民主党内「嫌なら出てけ」の声

印刷

<テレビウォッチ>景気対策を柱とする第2次補正予算は結局、7兆2000億円で閣議決定されたが、閣僚会議の席で菅・副総理と亀井・郵政金融担当相との間で、20分にわたって激しい言い合いになったという。

   政府ははじめ7兆1000億円を示したが、亀井大臣は8兆円を主張。意をくんで1000億円を上積みしたのだが、亀井大臣はこれを不満として、金曜日の閣僚会議を欠席。最後は鳩山首相の説得で決まったのだが、これで決定は4日遅れた。

反発が…

   きのう(12月8日)のやり取りは、菅副総理が「なんで金曜の閣僚会議を欠席したんですか」と詰問したところから始まったらしい。具体的な内容はわからないが、亀井大臣は「民主党政権でなくて連立政権なんだ」、対して菅氏が「亀井政権じゃない」といったとか。

   会見で亀井大臣は「菅さんが言っちゃいけないことを言ったから、たしなめた。政治主導は民主主導ではない。3党は対等だ。(要求を)全部やってくれなんて、思い上がっちゃいませんよ」

   しかし、どう見たってごり押しの印象は強い。菅副総理は「郵政株式売却凍結もやった。社長人事にも黙っていたのに……」とも言ったらしい。民主党内には当然「ここで譲ったら本予算でもいろいろ言ってくる」「嫌なら連立から出ていけばいい」という声もある。

   補正予算の発表で、「1000億円上積み」の意味を問われた藤井財務相が、「3党連立です」と答えたのが、この間の事情を端的に物語っている。

   鳥越俊太郎が、「亀井さんは、小沢幹事長が3党連立維持をいっているのが強みなんでしょう」

   所 太郎は「5連勝です」という。郵政社長人事、事業仕分けへの参加、返済猶予法、郵政株式売却凍結法、2次補正予算のことだ。

   三反園訓は、「亀井さんは、いくときはドンドンだが、引きもうまい」

   落合恵子は、「あのキャラクターは何なんでしょう」

   三反園は、「参院選に向けての国民新党のアピールだと思う。参院選後は民主党に合流するか、その際は、代表代行くらいにはなるのか」

   赤江珠緒は、「反発が来るのではないか」

   鳥越は「やり過ぎだよね」

   しかし三反園は、「いずれ対応を変えてきますよ」

   まあ、油断もすきも……という策士であることは確か。5連勝の中に時限爆弾があるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中