今年の漢字と「鳩」 飛び立てるのか

印刷

<テレビウォッチ>日本漢字能力検定協会が毎年発表している「今年の漢字」。今2009年は漢検の不祥事があったが、例年通り滞りなく行われるそうである。その発表を数時間後に控え、とくダネ!は1000人アンケートで「大予想」を敢行した。

   なお、昨年の漢字は、米国のオバマ新大統領の「チェンジ」などから「変」だった。

2年連続

   さて、「どこよりも早い」とくダネ!の今年の漢字、上位を見ていくと、3位は「薬」。これは説明不要だろう。2位は、政権交代などから取った「代」が52票。そして157票とダントツでの1位は……「変」。

   この結果を見るや、「2年続けてってことあるの?」と声をあげたのは、司会の小倉智昭。オグラ様はこの企画に乗り気ではなかったようで、いかにもつまらなそうな仏頂面である。ちなみにオグラ自身の漢字は「鳩」であった。

   「これまではなかったが、はたして2年連続となるか。どう思いますか?」と進行役の笠井信輔アナがほがらかに問いかけたが、オグラは頬杖をついたまま、黙りこんでいた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中