ルー大柴、樹海でゴミ拾い その重さ「900キロ」!

印刷

   タレントのルー大柴が2009年12月14日のブログで、富士山近くの「樹海」で清掃活動をしてきたと報告している。

   行ってみると、「一見ビューティフル」だったが、シャベルで掘ってみると出てくるのは山ほどの「昭和のゴミ」。テレビやベビーカー、ベッドのバネなど、2時間で約900キロのゴミを集めた。その量は1.5トントラックが一杯になるほどで、一緒にゴミ拾いをした中学生たちも驚きを隠せなかったそうだ。

   そんな中でもこの日はとても晴れていて、富士山は「絶景」。地道な清掃を続けながら、ルーは「いつかマウント富士が世界遺産になるように」手を合わせ祈ったのだという。「来年もジョイン(参加)します!」。そうこの日の記事で誓っていた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中