TV経費削減ここまでやるか 故人歌合戦もやりかねない

印刷

「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル 歴代王者緊急参戦スペシャル」(フジテレビ) 2009年12月8日 19時~

   ようするにお笑い芸人によるカラオケ大会。世の中、おかしなもので、歌手が歌う歌番組の視聴率は低調なのに、お笑い芸人が歌う番組は人気があるらしい。この「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦」も2005年にスタートし、改編期ごとに放送されている。今回は「歴代王座緊急参戦」とあったので、てっきり歴代の王者が集まり王座決定戦をするのだろうと思ったらとんでもなかった。
   過去16回の放送からそれぞれの回の王者が歌っている場面を抜き出し、VTR同士でトーナメント形式で対決させ、それをスタジオで見て審査するというものだったのである。歴代王座も何組か出演していたが、スタジオに来られない人はパネルで登場するというまったくもってチープな作りだ。しかしまあ、いくら経費削減といってもここまでやるか、という感じ。これが許されるなら「紅白歌合戦」だって、たいした目玉がいなくても美空ひばりや坂本九をVTRで引っ張り出して対決させればいい。むしろそのほうがよっぽど数字が取れるのではないだろうか。
   貧すれば鈍す。こんな企画が幅をきかすようではますますテレビは駄目になる、と危惧していたら、「満点大笑いコラボSP」と題した12日放送の「爆笑レッドカーペット」も似たようなものだった。「もう一度見たい記憶に残る名作コラボ大放出」だなんてものはいいよう。年末年始この手の番組が大量放出されそうな予感。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中