ロシアUFO動画が大人気 巨大渦巻きが意味するもの

印刷

<テレビウォッチ>災害は忘れたころにやってくる――なんてことを言うけれど、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)には、ときどき「UFO」(未確認飛行物体)現象がやってくる。年に数回ぐらい、UFOの映像がまるで大型台風の勢いで、再生回数ランキングの上位を席巻するのだ。2009年も終わろうとする今、またそのときがやってきた。

   このたびのUFOニュースを12月9日付けでユーチューブに配信したロシアの英語放送チャンネル「RT」によれば、謎の物体、あるいは光は12月9日、ノルウェー上空に現れた。

ミサイル?

   その映像は、たしかにちょっと見たことのないもので、謎めいていて、どことなく思わせぶりだ。まるで本物の台風のような巨大な渦巻き状をしており、目撃者の証言ではお月様よりも巨大に見えたという。

   RTの動画は、公開から約1週間で再生数300万回を超え、その他このUFOを収めた関連動画を含めると500万を超すなど、ユーチューブで史上最大級の猛威をふるった。

   それにしても、このUFOの正体は何なのか。流星かブラックホールか、それともエイリアンか、視聴者コメントも大いに盛り上がった。専門家の間では、当初からロシアが白海から打ち上げたミサイル説が有力視されていたというが、ロシアが該当するミサイル発射を否定したことで、騒ぎはさらに拡大。しかし、その後ロシアが一転ミサイル発射を認めたためか、騒動は一気に沈静化へ向かった。

   今ではすっかり台風一過、ユーチューブには襲撃されたイタリアのベルルスコーニ首相の動画があふれている。

                              

OP・コンチーネ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中