2018年 7月 23日 (月)

芸能界結婚戦線に異状アリ! 「あり得ないパターン」とは

印刷

<テレビウォッチ>東尾理子(34)を籠絡したらしい石田純一(55)が、「婚活オブ・ザ・イヤー2009」に選ばれたとか。その話題をアタマにふって「芸能界ことしの幸せカップル」を回顧するあたり、いかにも「スッキリ!!」である。

   1月の「沢尻エリカ・高城剛」に始まり、劇団ひとり・大沢あかね、庄司智春・藤本美貴、長塚圭史・常盤貴子、中村勘太郎・前田愛など、おなじみの「幸せ映像」が並ぶ。

泣いていた

   番組が町を行く若い女性に聞いたところでは、2月に感動的な結婚会見を開いた「水嶋ヒロ・絢香」のカップルが印象に残ったとする声が強いようだ。

   この結婚について芸能リポーターの井上公造は「驚いた。大ブレイクしているイケメン俳優と大ブレイクしている女性アーティスト、それも同じ事務所、なおかつ事務所に相談なしに入籍してしまった。今までの芸能界ではあり得ないパターン」と言う。若い2人は思い切った行動に踏み切ったわけである。

   スタジオのおおたわ史絵(内科医)も「私の周りの女の子たちはみんな泣いていた。(バセドー病の)彼女を守って行くという会見がよかった。強い意志が感じられた」と話し、番組的には「水嶋ヒロ・絢香」を「ベストカップル・オブ・ザ・イヤー」に選出した。

   なお番組は、来年結婚しそうなカップルとして、東山紀之・木村佳乃、松山ケンイチ・小雪、なだぎ武・友近らをあげた。果たして何組がゴールインするのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中