インリン、ハッスルに「勝訴」と報告 「請求が全て認められた」

印刷

   タレントのインリン・オブ・ジョイトイが2009年12月16日のブログで、08年まで「インリン様」として出場していたファイティング・オペラ「ハッスル」の運営団体「ハッスルエンターテインメント」に対して起こしていた民事訴訟の結果を「圧勝!」と報告している。

   インリンの所属事務所の求めた請求額と、支払いが遅れた「損害金」について、ハッスル側が認めることにより「裁判は終了した」。そしてハッスル側が主張していた所属事務所やインリンの「契約違反」については、ハッスル側が証明できず、争点にならなかったという。「そもそも、私達は契約違反など一切していませんし」とこれに関してはややムッとした様子。

   ともあれ、こうした経緯で「主要な金額」についてはインリン側の請求が「全て認められ」、「私達の完全勝訴といっていい」と説明している。

   インリンは09年2月17日の記事で、出演料などに多額の未払いがあり、交渉を重ねても解決に至らず、「私たちの常識と理解の限界を越えた」として民事訴訟に至ったと報告していた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中