SMAP疑惑「解消」番組 却って疑惑深まった気が…

印刷

「さんま&SMAP! 美女と野獣のクリスマススペシャル '09」(日本テレビ) 2009年12月13日 21時~

   1995年に第1回目が放送され、今年で15回目を迎えた「さんま&SMAPのクリスマススペシャル」。始まった頃はさんまとSMAPという組み合わせが新鮮で豪華。いかにもスペシャルな感じだったが、さすがに15年経てばありがたさも半減。まだやっているの?といった印象だ。例年、さんまとSMAPが好きな女の子のファッションをネタに恋愛トークを繰り広げていたが、今年は「明石家さんま男好き疑惑」「中居正広の身長は165センチ疑惑」「木村拓哉整形疑惑」など「絶対に触れてはいけない巷のウワサや禁断の都市伝説を徹底検証するという内容だった。が、プロフィールに170センチと書いている中居の身長が165センチだったというのを証明するならば靴を脱いで身長を測ればいいだけのことなのにそれをやらずにああだこうだやるのはおかしい。すべてがこんなふうで端から疑問を解決する気などないのである。おまけに生放送で時間がなかったからかもしれないが、番宣で何度も使われていた「稲垣吾郎カツラ疑惑」に一切触れずじまいだったのは、別の意味で、気になる。
   面白かったのは、最後に1番怪しい人が熱湯風呂に入るという罰ゲームが用意されていたのだが、審査委員長の広末涼子が指名したのがキムタクだったこと。キムタク、まさかの熱湯風呂入りに本人が1番驚いていたようだ。広末、グッドジョブ!

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中