2018年 7月 22日 (日)

選挙結果VS陳情結果 「国民の声」はどっちだ

印刷

<テレビウォッチ> 民主党の小沢幹事長が、党へ来た陳情などをもとに、予算についての要望書を政府にお届け。その中身には「全国民の声」に相当する重みがあるのだとか。なかには暫定税率の維持やこども手当の所得制限など、マニフェストや従来の政府方針と異なるものも。

   とくダネ!司会兼ご意見番、小倉智昭は「陳情ってのはごく一部の団体とかの声。本当の国民の声は、ハトヤマさんも言うように選挙結果だと思う」とのご意見。一方で、「国民の声を全部聞いてたら、政治なんてできない」とも言う。

ごく一部

   そんななか、番組もネットアンケート調査で「国民の声」を採取。すると、「所得制限は必要」が75%だった。「オザワさんのほうが国民の声に近いということかも」と進行役の長谷川豊アナ。ガソリンの暫定税率廃止は賛成が49%で、賛否拮抗。

   国民の声がハッキリしてるのは「高速無料化」で反対が71%。ただ、これはオザワもハトヤマも原則推進の方向。「もし『国民の声』を言うなら、まず高速無料化をやめるべきなんじゃないかとの声もある」と長谷川。

   そういう声は幹事長のお耳に届かなかったようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中