換金されない宝くじ 「233億円も」の大問題

印刷

ホンマでっか!?TV>100年に1度と言われている現在の不況下で、何と言っても気になるのがお金にまつわる話ではないだろうか。そんなニーズに答えるがごとく今回の内容は、お金にまつわる雑学を、あらゆる分野のエキスパートが紹介するというものだ。

   中でも注目すべき情報は、毎年、宝くじで233億円が換金されてないというものだ。これは、まさに大問題だ。というのも23%が忘れたり無くしたりするらしいからである。雑学といえどもこればかりは我々と密接にかかわっているのではないだろうか。

男爵爵位が6000円

   その他には、「シーランド公国」では、男爵の爵位が6000円で販売されているという話もあった。ちなみにバレンタインセールのため800円で販売されていたそうだ。また、パリのレンタル自転車は整備費で1台42万円もかかっているという。

   地球のことを考えてのレンタル自転車、新しいのを買うよりコストがかかろうと、あるものをより長く使用するというのは、驚きというよりは納得だ。お金に関する雑学を聞いてもやはりお金が増えるわけではなさそうだ。宝くじを買っていないのに当たったお金で何を買うのか家族とけんかした時のような気持ちにさせられたのは僕だけだろうか。<テレビウォッチ

K・A

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中