2018年 7月 20日 (金)

鳩山は小沢利用できるか 支持率急降下と「独裁」

印刷

<テレビウォッチ>内閣を動かしているのは誰??

   番組が「小沢幹事長の了解がないと物事が進まない異常事態に陥っている」と、揺れ動く鳩山政権を取り上げ、コメンテーターたちが口をそろえて危惧の声を……

反作用で

   ことの起こりは先週末の12月19日。政府税調がガソリンの暫定税率の扱いなどで、鳩山首相の最終判断を仰ぐために面会を設定していた。

   その前に政府税調は、小沢幹事長から意見を聞くことにしていた。が、幹事長との接触ができず結局、鳩山首相との面会をキャンセルしたという。

   当初、政策は政府、国会運営は党の2元体制だったはずが、いつの間にか一極集中に。

   「鳩山政権を実質的に動かしている人は?」という時事通信のアンケート調査によると、71.1%が小沢幹事長と答え、鳩山首相は僅か10.6%だった。

   また、19、20の両日行われた大手新聞社のアンケート調査でも、鳩山内閣の支持率は朝日が48%(11月62%)、毎日も55%(同64%)に急落し、様変わり。

   VTRで登場した毎日新聞特別編集委員の岸井成格が「これ以上黙って見てられないと、業を煮やしたのかな~。これでは、みんな小沢さんのほうを見て動く。異常な権力が集中し小沢独裁体制の格好ができちゃう」と。

   一方、スタジオではTBS解説室長の杉尾秀哉が「鳩山さんは小沢さんを利用するぐらいのしたたかさ、政治の技量が問われているのですがね」。

   国際金融アナリストの末吉竹二郎も「小沢さんは、国民の声を吸い上げているというが、国民の目が見えないところでやっている。小沢さんはもっと国民に説明する責任と義務がある」。

   最後のキャスターのみのがとどめの1発。「もしこれを押し切ろうとすると、その反作用で来年の参院選までもたないんじゃないかと思う」と。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中