2018年 7月 23日 (月)

「鳩山首相、ほんとうにヤワ」 おぼっちゃま度満点の会見

印刷

<テレビウォッチ>番組が「所得制限なしの子ども手当」「暫定税率実質維持」について意見を募集したところ、300通近いファックス、メールが寄せられたという。きのう(12月24日)行われた鳩山首相の「偽装献金釈明会見」の模様をマクラにふって、意見のいくつかを紹介した。

   「4人の子どもがいて希望が持てる」とか、「自民党が残した負の遺産を引き継いだ民主党政治を長い目で見守りたい」とかの友愛的なものは少なく、「財源がないのにバラマキはやめろ」や「自民党と一緒ではないか」という厳しい声が多そうだ。

自分で決めろ

   海附雅美リポーターがフリップで見せた代表的な意見は、「子ども手当」=「1番お金がかかるのは高校、大学。15才までとは、あまりにも不公平」「放課後の児童預かり、給食費無料、保育園充実などに回して」。「暫定税率」=「財源がないから、ごめんなさいでは納得いかない」「自分たちの主張が間違っていたと、なぜ言わないのか」。

   八代英輝(弁護士)が「カタを持つわけではないが」と前置きして、「税収の落ち込みは麻生政権時代の政策にもとづいている。そこを予想できなかったことには一定の理解が要る」と優しかったのに対して、テリー伊藤は首相の煮え切らなさを鋭く突く。

「きのうの会見で『国民の話を聞いてから進退を決める』とか言っていたが、政治家の進退は自分で決めるべきだ。あの言葉は、ほんとうにヤワだ……普天間でも、総理大臣ならこの時点で、どうなるのか言えと思う」

   八代も「普天間移設に関して、いまさら第3者委員会とか有識者会議の意見を聞きました、という形にするのはずるい」と指摘した。

   『おぼっちゃま』育ちの頼りなさが、ここにきて露わになっているように思われる。 

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中