バンド「POLYSICS」活動休止へ 「卒業」カヨの悩みとは

印刷

   人気ロックバンド「POLYSICS(ポリシックス)」が活動休止へ――。公式サイトで2009年12月23日に発表された。また、シンセサイザーのカヨは10年3月14日、日本武道館公演を最後に「卒業」することになった。

   スタッフが書いたお知らせには「ここに至るまで、何度もミーティングを重ねました」とある。カヨの「卒業」には、バンド以外の人生も歩んでみたいという彼女の気持ちを尊重した結果という。そして彼女を送り出す最高の舞台として、日本武道館ライブを設定した。あわせてこれを機に、POLYSICSの活動も休止するという。

「日本だけでなく、世界中のミュージシャンから呆れられるほどの多忙なスケジュールをこなしてきたPOLYSICSにとっては初めてのことです。第二期の POLYSICSへ向かうための充電期間です」

   一方のカヨもメッセージを寄せた。リーダーのハヤシに誘われてはじまったバンド活動は当時、ピアノを弾ける以外には無知だったとおどける。ミュージシャンとして10年以上活動することになろうとは思ってもいなかったそうだ。ライブもレコーディングも、野外フェスもどれもが大変だったが、充実した毎日を送ってきたのは紛れもない事実。しかし、悩みもあったという。

「POLYSICSのメンバーでない私は一体どんな私なんだろう。ミュージシャンでない私はどんな私なんだろう。個人としての私、一人の女性としての自分に会ってみたい気持ちが日に日に大きくなっていきました」

   メンバーやスタッフらと話し合い、今回の決断に至った。メンバーには感謝している。カヨにとって20代のほとんどすべてをPOLYSICSに捧げた。それだけに、30代はごく普通の女の子に戻り、ごく普通のことをやってみたい、と書いている。「たくさんたくさん、いろんなことをやってみたいです」。そして今度は、客席からPOLYSICSのステージを見るのも楽しみにしているという。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中