浅田真央が4連覇 復活できた3つの理由

印刷

   <テレビウォッチ>冒頭の話題は浅田真央(19)。フィギュアスケート全日本選手権で4連覇を達成し、バンクーバーオリンピック行きを決めた。

   今季は得意のトリプルアクセルを満足に飛べず、スランプに陥りファンをハラハラさせていた。五輪出場の夢をかなえて本人もようやく安心したことだろう。ホッとした表情が印象的だった。

のびのび

   彼女が本来の姿を取り戻せた理由を、佐野稔JOC強化コーチは3つあげる。

(1)ステップの回数の減少――プログラムを単純化し、トリプルアクセルを気楽に飛べるようにした
(2)ジャンプの方向を変えた――これまでは審査員の近くで飛んでいたが、今回は遠いところで飛んで緊張をやわらげるようにした
(3)ひきしまった体――スリムになり、ジャンプを高くコントロールしやすくなった

   『とにかくトリプルアクセル』に懸けた思いが伝わってくる。

   浅田自身は「この1年、毎日積み重ねて頑張ってきた。たくさんの課題も見つかっている。修正しつつ、いいイメージのまま次の試合に臨みたい」とバンクーバーへの抱負を述べる。

   テリー伊藤が「優等生の滑りだった。オリンピックで勝つとなると別」とさらなる飛躍を期待すると、勝谷誠彦も「もっと攻撃的に行かないとキム・ヨナには勝てない」と注文。

   加藤浩次だけが「のびのびやってほしい」と優しかった。

   彼女には笑顔が似合う。バンクーバーでは全開の真央スマイルを見せてほしい。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中