最初は「悲劇のヒロイン」 酒井法子の薬物事件

印刷

<テレビウォッチ>ワイドショー通信簿2009年の年間(1月1日~12月27日)累計アクセスランキング紹介の第1回。10位~6位を取り上げる。

   10位は「『八ッ場ダム』中止 『地元』だけの問題か」(スパモニ、9月24日)、9位は「草なぎ剛近く復帰 スタジオ陣の賛否は…」(スパモニ、5月14日)、8位は「橋下知事より怒ったみの 『メール女性』首にできないの?」(朝ズバ、10月9日)だった。9位は、人気グループSMAPの草なぎ剛が泥酔して公園ですっぽんぽんになり逮捕された事件の続報だ。草なぎは無事復活を果たし、09年末の紅白歌合戦にも出場予定だ。

   7位は「酒井法子にテリー呼びかけ 『子どものため』『闘ったとみせて』」(スッキリ、8月5日)、6位は「『中田市長辞職』きいた 東国原知事『笑える』反応」(朝ズバ、7月29日)だった。7位のノリピーものは、まだ酒井本人が覚せい剤所持容疑を持たれる前の段階の話だ。夫が覚せい剤所持の疑いで逮捕され、それにショックを受けたり責任を感じたりして失踪した、という文脈で扱われていた。後、自身も覚せい剤の所持・使用の罪で有罪判決を受けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中