09紅白のウラバトル SMAP対嵐に大注目!

印刷

<テレビウォッチ>大みそか恒例のNHK紅白歌合戦は、今2009年60回という記念の年を迎えて――例年通り、大物不在や視聴率低迷の予感が話題となっている。

   もっとも、今年は深刻な不況の影響で、民放番組のセットや演出は軒並み大幅ダウンしている。そんななか、広告収入に頼らないみなさまのNHKの紅白は一際豪華絢爛に見えるのではないかとの見方もあり、巣ごもりしながら紅白を楽しむのが、いつになくオススメの年だと言えよう。

スーザン・ボイルと視聴率

   イギリスからは、48歳の歌姫オバサン、スーザン・ボイルが特別出演する。これが1番の目玉だと推す声も聞かれる。歌声は姫、顔カタチはオバサンというギャップが見所聞き所で、なにしろ動画サイトのYouTubeでは、彼女の動画が今年もっとも視聴された(再生1億回以上)というだけに、じり貧の視聴率アップにも貢献してくれそうだ。

   毎年話題になるのが、長い長い紅白の最後を締める「トリ」。昨年は白組の演歌陣で長くトリをつとめてきた五木ひろし、北島三郎に代わって、氷川『ズンドコ』きよしが歌ったことがちょっとした話題だった。が、やはりまだまだ力不足と見なされたのか、今回は73歳の大御所サブちゃんが大トリの座に返り咲くことになった。

アイドル界も政権交代?

   初出場組に目を向けると、ジャニーズ歌手の「嵐」と声優歌手「水樹奈々」のファン対決前哨戦が注目を浴びた。ジャニーズのなかでは、長らくパッとしない印象の強かった嵐だが、この数年で頭角を現してきた。J-CASTニュースの編集部内では、「ジャニーズはもう嵐の時代だ」と囁かれているとかいないとか。

   ジャニーズといえば、看板のSMAPももちろん出場する。J-CASTニュースには今年、SMAPの人気にかげりが出ているのでは!? という記事も掲載された。その一方、5人せいぞろいしたソフトバンクモバイルのCMでは貫禄を見せつけてもいる。「ロコモーション」にのせてSMAP5人が歩き続けるCMには、「ソフトバンクへのユーザー大移動と大勝利」といったほどの意味が込められているというが、SMAP自身は依然として「ドコモ」的立場である。

   長年、アイドル界で長期政権を築いてきたSMAP。その座を脅かす者はなく、高年齢になっても、ただのアイドルでもなくなった不思議なアイドルとして君臨してきた。しかし、今年その人気にかげりが見えはじめ、一方に嵐の台頭がある。この2組も、じつに興味深い「対決」ではないだろうか。アイドル界にも政権交代は起きるのか。ちなみに嵐は42組目、SMAPはトリも近づく48組目に登場する。

   なお、この勝敗は多数決などで決まるものでもないので、視聴率や喚声、嬌声の度合い、なによりパフォーマンスを見て、みなさまそれぞれの審判を下してみるといいかもしれない。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中