つるの剛士 江ノ島「初日の出」を紹介

印刷

   タレントのつるの剛士が2010年1月1日のブログで、江ノ島から眺めた初日の出を紹介している。

   大晦日のカウントダウンライブを終えて、湘南の自宅に帰ってきたのは年も明けた午前5時過ぎだった。つるのはその足で江ノ島近くに向かう。初日の出を待つためだ。

「元旦御来光を拝もうと砂浜にはスゴイ人です」

   そうして、2010年最初の日が昇ったのは午前7時過ぎだった。「わあ~スゲーエネルギーだ」。しかもこの日は天気にも恵まれ、初日の出の背後には満月が見えた。遮るものはなく、江ノ島や富士山までもが見通せたという。つるのは「ものすごいロイヤルストレートフラッシュです」とおどけながらも、今日から始まる1年に思いを馳せていた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中