現役引退の魔裟斗、本音明かす 「これ以上続けてくとかなりヤバイ」

印刷

   K-1の魔裟斗が2010年1月1日のブログで、自身の選手としての限界を明かしている。

   魔裟斗は09年12月31日に開催された格闘技イベント「Dynamite!!」で、過去0勝2敗の宿敵アンディ・サワーを終始攻め続けダウンを奪うなど、判定で勝利を収めた。かねてからこの日の試合での引退を表明していた魔裟斗は完勝で有終の美を飾った。

   ただ、試合から一夜明けて本人は「けっこうキツイ試合だったよ!ちょっと打たれ弱くなったかな?」と本音を明かしている。確かに初回から激しい打ち合いで、サワーの攻勢に気圧されるシーンもあった。この試合で自身にしかわからない「限界」を感じたのかもしれない。

「これ以上続けてくとかなりヤバイ感じがしたよ」
「身体の事も考えるとちょうどいい引き際のタイミングかなと今、本当に思う」

   改めて現役引退を表明した魔裟斗は、「これからは新しい自分探しだね!」と早くも気持ちを切り替えていた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中