キャスター辞意説出た 小倉智昭が絶叫したコト

印刷

<テレビウォッチ>新年初放送のオープニングトークで、小倉智昭キャスターが今2010年の抱負を大いに語った。ハナシの振り出しは、一部週刊誌に「オグラがとくダネ!を辞めたがってる」との記事が出たことだ。それによれば、持病の糖尿病が悪化しており、自ら降板を申し出たそうな。

   「ボクはヘモグロビンエーワンシー5.2ですから~」とオグラ。ディテールにこだわる長バナシオグラは今年も健在だった。要は、オレは糖尿病でも一般人と変わらず元気で、自分から辞めるなどとんでもない、といったハナシであった。しまいには「スタジオでぶっ倒れるまで(司会を)やってやるから!!!」と絶叫。見たところ、この発言に多少の誇張はあれど、ウソやウラはなさそうである。あれば、オグラもたいした役者だと脱帽するしかない。

倒れるまで

   これを聞いたお供の中野美奈子アナは「カッコいい」と絵に描いたようなお追従笑いを浮かべ、もう1人のお付きの笠井信輔アナはひたすら引きつり気味の乾いた声で笑い続けていた。笠井の心中はいろいろと忖度してしまうが、オグラは「スタッフ、キャスト一丸となって頑張る」と言って、新年の挨拶を締めくくった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中