「俺、日本人」実感ラモス でもモチ食べられない理由

印刷

   元サッカー日本代表のラモス瑠偉が2010年1月4日のブログで、日本の正月について書いている。

   30年以上前、来日したばかりのころは、クリスマスと正月が1番寂しかった。当時は店という店が全て閉まり、食事するところもなかった。ブラジルに帰れない年は、パンやハム、カップヌードルを買い込み、ブラジル音楽をレコードで聴きながら、遠い家族のことを思い出していたという。

   現在は「ここがすっかり故郷になって お正月に寂しいと思う事もまるでなくなった」と綴る。兄弟や親戚のいるブラジルは今でも帰りたくなるときがあるが、ブラジルに行っても1週間ですることがなくなり、日本に帰りたくなるという。

「不思議だけど そんな時 やっぱり俺って日本人になったな…ってつくづく思う」

   と書いている。

   しかし、そんなラモスでも苦手なものがある。餅だ。

「絶対無理! 食べれない! 噛んでも噛んでも ガムみたいで 飲み込むタイミングがわからない そんな日本人がいたっていいよね」
<テレビウォッチ>
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中