2020年 8月 9日 (日)

「サザン・ソウル」生まれた理由 レコード会社の挑戦と歴史

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは
「サザン・ソウル」生まれた理由 レコード会社の挑戦と歴史
(c)NHK

   ブラックミュージックの変遷・発展を、さまざまなミュージシャンの貴重なインタビューと楽曲でたどるドキュメンタリー番組「BS世界のドキュメンタリーシリーズ ソウル・ディープ」。第4回は、アメリカ南部・メンフィスのスタックス・レコードから広がったR&B「サザン・ソウル」を紹介する。

   1960年代、スタックス・レコードは、黒人、白人を問わずにミュージシャンを受け入れた。当時、まだ人種差別が激しかった南部においては異例の対応だった。

   番組では、スタックス・レコードの歴史をたどるとともに、サザン・ソウルの代表的なミュージシャン「オーティス・レディング」をはじめ、「アレサ・フランクリン」や「サム&デイブ」の魅力を伝えていく。

*BS世界のドキュメンタリーシリーズ ソウル・ディープ

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中