小沢幹事長に罵倒されたから? 「藤井財務相辞意」心と肉体

印刷

<テレビウォッチ>藤井裕久財務相(77)がきのう(1月5日)、健康上の理由から鳩山首相に辞意を伝えたことを明らかにした。「検査入院して10日、医師の判断が間もなく出る。それを尊重したい」というのだが……。

   予算をまとめあげ、さあこれから国会審議というときに、財務相の辞任とは尋常ではない。永田町スズメはたちまち、小沢幹事長との確執かと大騒ぎだ。しかし、藤井大臣が予算編成で疲れていたことも事実。77歳の体が予算国会の重労働に耐えるか、となると、誠実な人柄を表す判断かもしれない。

食い逃げ
赤江珠緒は、「本当にお疲れなんでしょうか」
鳥越俊太郎も「77歳ですからね。就任するときも大丈夫かなと思った」

   昨2009年一度は引退を決めたのを、鳩山現首相の説得で比例区に立候補し、当選している。問題はその前の4月だ。西松建設事件が問題になったとき、当時の小沢代表に辞任を勧めたことから、長年の蜜月にひびが入っていた。

   財務相就任には、小沢幹事長が異を唱えたのを、首相が押し切ったとされる。しかし12月16日、党の要望をもって小沢幹事長らが官邸に乗り込んだとき、記者団が退席したあと、小沢幹事長が「政治主導になってない」と藤井大臣を罵倒したという。

   しかも、暫定税率の取り扱いで、藤井大臣は鳩山首相を守ったのに、首相は小沢幹事長の要求をのんで藤井大臣を守らなかった。これらが、「嫌気がさした?」という観測を生んでもいる。

鳥越が、「小沢さんは、直言されると切れる。以前にもあった」という。
三反園訓も、「この重要な時期に予算の担当者が辞めるなんて、これまでなかった。いろんなことがささやかれているが、本当に体調が悪いのかもしれない。激務ですからね。もし嫌気がさしてというようなことだと、内閣には重大。そんな無責任な人じゃないと思うが」

   落合恵子も、「西松建設事件のあとお会いしたことがあるが、小沢さんを守りたいという思いが強かったですよ」と。そう、問題は小沢幹事長の側にある。

   森永卓郎は、「国債を44兆円に抑えるという彼の主張は通ったわけだし、予算国会ではほぼ原案通りいくんだから、それを途中で投げ出すというのは、食い逃げだと思う」と、「嫌気だ」ときめつける。

   ん? 死んでもやれということか? 77歳の肉体がどんなものか。若い連中にはわからないんだろうな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中