内田恭子 「全て読みたい」その作家は…

印刷

   フリーアナウンサーの内田恭子がブログで、正月に「どっぷり」とはまってしまった作家について綴っている。

   「これでもか、というくらいのゆっくりなお正月」を過ごしたという内田。そんな中でふと鑑賞した映画に惹かれたという。タイトルは「ジェイン・オースティンの読書会」。映画にもなった「高慢と偏見」などで有名な作家・ジェイン・オースティンの6冊の本をめぐるストーリーだが、そんなたくさんの作品の魅力を感じたことで「全ての作品をどうしても読みたくなって」しまったという。

   そこで、「とりあえずすぐ手に入る」作品をかき集めた。「ってか、いつもこうなんだ。ひとりの作家の作品をすべて読みたくなるのは」、とちょっと反省モードを漂わせるが、これで「オースティンワールド」に「どっぷり」とつかれることに「楽しみ楽しみ!」と、やっぱりうれしそうだ。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中