2018年 5月 22日 (火)

レイザーラモンHGが働けない その時、妻がとった行動は…

印刷

   レイザーラモンHGの妻で元タレントの住谷杏奈が2010年1月5日のブログで、コスメブランドを立ち上げるまでの経緯を明かしている。

   立ち上げたのは、「食べられるコスメ」がテーマの「FOOD DREAM」というブランド。10年4月には、その第1弾商品が全国発売されるという。

   きっかけは、夫であるHGが09年7月に開催された「ハッスル」のプロレスイベントで、左足のかかとを骨折するなど重傷を負ったことだった。「仕事を休まなくてはいけなくなった」夫の姿を見て、自分にできることはないかと考えるようになった。悩んだあげく、住谷は、

「昔から大好きだったコスメを作りたい」

と思い至ったという。そして、さっそくその夏から、ブランド立ち上げのプロジェクトを開始。現在、「10回以上のサンプル修正を行ってきて、次のサンプルがやっと、最終チェックになる予定」というところまでこぎつけたという。

   やはり、妻は強し。「応援してくださっている皆様に、毎日感謝しつつ、期待に添えるように精一杯頑張っていきたいと思います」。意気込みまで、しっかり綴っていた。<テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中