河口恭吾 ジョギング膝に「年齢ですかね」

印刷

   歌手の河口恭吾が2010年1月6日のブログで、「ジョギング膝」になってしまったと報告している。

   ジョギングを2009年末から始めた河口。マラソン大会を目標に、3kmから始めて少しずつ距離を伸ばしていった。そうしてやっと10kmを走れるようになったが、突然膝が痛み出したのだという。

   整形外科には「膝軟骨の状態が良くない」と診断され、「ヒザ内側の筋肉を付けるリハビリ」を3週間課された。その間ジョギングは「禁止」されてしまい、「大会まで日も少ないので致命的だわ、こりゃ」と落ち込む。今は「やれやれ…」と言いながらリハビリを進める毎日。「急に頑張っても体がついていかない年齢になったんですかね」と体の変化を感じているようだった。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中