亀田興毅、「ボクシングの神様」と対面 「夢のような時間やった」

印刷

   ボクシング・WBC世界フライ級王者の亀田興毅が、合宿先のフィリピンで「世界最強、ボクシングの神様」に会ってきたと2010年1月8日のブログで報告している。

   亀田がそこまで崇めるのは、フィリピン出身でWBO世界ウエルター級王者の「マニー・パッキャオ」。世界の強豪ボクサーを次々になぎ倒し、アジア人として初の5階級制覇を達成した名ボクサーだ。

   3階級制覇を目標にしている亀田にとっては、これ以上ないモデル。「夢のような時間やった」「めっちゃ嬉しかった」と興奮した様子を綴る。また、「ボクシングの神様」の持つオーラに触発されたのか、

「パッキャオみたいな選手になる」

と宣言。「俺は絶対になる」「絶対にやるって決めたらする」と気合いをみなぎらせていた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中