押尾学と女性の死 どこまで解明進むのか

印刷

<今週のワイドショー通信簿>2010年1月4日、元俳優の押尾学容疑者(31)が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された。09年8月、合成麻薬MDMAを一緒に服用した知人女性(当時30)の容体が急変したのに適切な救護措置を取らず死亡させた疑いが持たれている。逮捕報道時、容疑を否認していると伝えられた。押尾容疑者は、すでにMDMA使用の罪で有罪判決を受けるなどしている。

   「押尾容疑者の交友関係 『本人、どの程度口割ってる?』」(とくダネ、10年1月5日)が取り上げた。

   とくダネ通信簿は、早くも「刑期」予想がなされる中、司会の小倉智昭が「(容疑者は)交友関係とか、どの程度口割ってんですかね?」と、麻薬汚染の広がりに関心を見せたことなどを紹介した。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中