エスパー伊東 タマネギに「気」を送る

印刷

   「高能力パフォーマー」のエスパー伊東が、タマネギに「気」を送って芽を出させるという変わった試みを行っている。

   同じくらいのタマネギを2個用意し、どちらにも水は与えず、数日に一度、片方にだけエスパーが手のひらから「気」を送る。09年11月下旬に始めたところ、12月末になって気を送っていた方から芽が出てきたとブログで報告している。

   その10日後、10年1月8日のブログでも、気を送った方は芽が伸び続けているにも関わらず、そうでない方からは依然として芽が出てこない。エスパーは似たような実験を数十回やっているが「だいたい期待どおりの結果になります」と綴っている。

   コメント欄には「やっぱエスパーさんすげぇ!」「気ってホントにあるんですね」といったものが寄せられている。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中