高齢者は弱いふりしている! 還暦テリーが「喝破」

印刷

テレビウォッチ>川柳好きの「スッキリ!!」が、今朝(1月12日)は「60才からの川柳」(全国老人福祉施設協議会が募集)をとり上げた。

   入選作を並べると、「賢くも ボケと忘却 使い分け」「買った墓地 嫌いな奴の 相向かい」「ときめきが 動悸にかわる 古希の恋」「埋蔵金 わしらの脳にも 埋まっとる」「老いたとて 子宮も恋も 捨てられぬ」「補聴器が 老妻の愚痴 拾ってる」などで、優秀賞は「喜寿祝い 寿司に集まり わしゃ孤独」。

毒効いてる

   加藤浩次が「毒の効いているのも多いですね」と、コメント陣に水を向ける。 渡邉美樹(ワタミ会長)は「『埋蔵金 わしらの脳にも 埋まっとる』がいちばん響く。これから日本を良くするには、みなさんの経験、知識、知恵、意見を素直に聞いていかなければいけない時期だと思う」と説く。

   還暦を迎えたというテリー伊藤は「自虐的な川柳が多いけどウソですよ。60になって分かったけど、みんな死んだふり、弱いふりをしている。『私は元気だ』という川柳を書くと持続しなくちゃいけない。それってシンドイ。弱いふりをしている方が気楽だ。『賢くも ボケと忘却 使い分け』が、したたかでいい。賢い奴はみんなバカなふりをしている」とスタジオ陣を笑わせた。

   「ときめきが……」「老いたとて……」という作品からは、元気あふれる女性の様子しか思い浮かばないが……。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中