千秋 ユーミンに「キモチワルイ」生物見せる

印刷

   タレントの千秋が2010年1月12日のブログで、ユーミンことシンガーソングライターの松任谷由実の自宅にお邪魔したと紹介している。

   年に1、2回は松任谷家に行くのが恒例行事になっているという。ユーミンの手料理を食べながら、松任谷正隆とのお喋りを楽しむ。時間が経つのを忘れ、このままでは夜中になる、早く帰らないと――こう思うのがいつものパターンなのだ。

   この日は年明けとあって、中華料理のおせちを食べた。松任谷正隆が焼いた餃子を食べながら、食事を楽しんだみたいだ。食後はお喋りが続き、しまいにはなぜか、「世の中のキモチワルイ生き物」に話が及んだらしい。

   千秋は「カマドーマ」を挙げた。これはたぶん、バッタ目の昆虫のことを指していると思われる。パソコンの画像でこれを見たユーミンは、鳥肌を立てていたとか。そして、もう一体別の「キモチワルイ」生物を、千秋が提示したらしい。「タイノエ」という生物だ。こちらも相当のキワモノで「何度見てもキモチワルイ」と千秋。読者には「画像は検索しない方が身の為です」と忠告を忘れなかった。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中