キンコン西野 「番組の歯車の一つでとても幸せ」

印刷

   お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が2010年1月14日のブログで、「嬉しいコト」について語っている。

   出演する冠バラエティ番組の現場が笑いに包まれたからだ。本番はミニコントを披露するのが楽しかったし、空き時間は共演者やスタッフとの話が絶えない。「学校の休み時間のような時間が流れている」

   収録を終えると新年会に。酒を飲み交わしながら、年齢や立場なんか関係なく、騒ぎ回った。誰かが喋ればフォローが入って、全員が面白がっている。西野は「そんな番組の歯車の一つでいられることは、とても幸せ」と喜びをあらわにする。

   この番組は今月から大阪でも放送されることになった。「少しだけ親孝行ができて嬉しい」と西野。お笑い芸人を目指して家を出てきただけに、その姿を家族に見せたい気持ちは大きい。

   「いつも言うけれど、ボクはTVを絶対に諦めない。それは単純に生活していく為の術ではなく、ドキドキさせることができるモノだということを信じている」<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中