元秘書逮捕の小沢事件 岩見隆夫「贈収賄の可能性は?」

印刷

<土曜ワイドウォッチ>民主党の小沢一郎幹事長の元秘書、石川知裕衆院議員が逮捕された事件。2010年1月16日の「サタデーずばッと」(TBS系)は、ゲストに元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士を招き、各党国会議員らと議論した。

   番組では、小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入資金4億円を巡る複雑・不透明な金の流れをパネルで説明した。4億円の原資の一部が、ゼネコンから受け取った金ではないか、との疑惑を持たれていることも伝えた。

   毎日新聞客員編集委員の岩見隆夫は、「贈収賄」事件へ発展する可能性を若狭弁護士に聞いた。若狭弁護士は、次のように説明した。「あり得る」としながらも、当時の小沢幹事長は野党側で「職務権限がない」。「斡旋収賄」の可能性については、問題視されているダム工事が仮に官製談合で国交省の役人がその談合を仕切り、その役人へ小沢幹事長が圧力をかけていればあり得る、とした。談合が民間主導だった場合、その民間人へ圧力をかけていても「斡旋収賄にはならない」のだそうだ。談合の多くは民間同士でやっているとも指摘し、要するに可能性としては低い、ということのようだ。

   では、金の出元がゼネコンでも何でもいいのか、というとそうでもなさそう。今回の事件の直接の容疑である政治資金規正法違反の話をする際に、4億円という「量的」な悪質性に加え、金の性格が「ゼネコンからの献金隠し」だと証明されれば、「質的」にも悪質さが増すことになり、裁判の行方に影響を与えるという。分かりやすい説明だった。ゲストの国会議員らもうなずいたりメモをとったりしながら聴き入っていた。<テレビウォッチ>

 

赤坂和郎

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中