なべやかん 「スペル星人」放送禁止に「思う」

印刷

   タレントのなべやかんが2010年1月15日のブログで、ウルトラマンやウルトラセブンなど数々の映画やドラマで「名脇役」として活躍した俳優・奥村公延さんの訃報に接し「大変残念に思う」と綴っている。

   特撮オタクであるなべやかん。奥村さんとは直接面識はないが、その活躍を画面を通して見てきた。死去が報じられたワイドショーで「驚いたことがあった」という。画面に映った「出演作品」に「スペル星人」の文字があったのだ。

   奥村さんが演じた「スペル星人」はウルトラセブンの12話に出てくるが、「被爆星人」の肩書きがついていたため、現在は放送禁止になっている。だがなべによると、12話に込められているのは「核兵器の悲劇」。これを、スペル星人を通して訴える物語なのだという。

   「ちゃんと中身を対処するなり見直すなりしないと駄目なんだ」。奥村さんを悼みながら、同時にそうしたことにも思いを馳せたようだ。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中