2018年 5月 23日 (水)

「バンクーバー」の日本メダル 「ズバリ2個」の根拠

印刷

<テレビウォッチ> トリノ五輪の開幕まであと1か月弱。五輪といえば、とくダネ!にはおなじみの風物詩がある。もちろん、小倉智昭キャスター(=目利き)のメダル予想だ。そこで笠井信輔アナが「『(日本の)メダルはいくつ?』とオグラさんに聞きたくなってくる」と、揉み手でおねだり。

   開幕まではまだ間があるので、今日(1月19日)の予想はまだ序の口にすぎないようだ。視聴者にはありがたいことに、これから第2弾、3弾と、オグラの予言をテッテー的に拝聴できるのである。

本当に大変

   で、現時点での金メダル予想は――ズバリ「2個」。これはかなりご祝儀的に上乗せしているようで、オグラ予報ではかなりの厳冬五輪になりそう。曰く、トリノのメダルは荒川静香の1個(金メダル)だけだったが、「今回は下馬評的にも、もっとキツイ」というのだ。

「(上村)愛子ちゃんが初日にメダル取って、いいムードになれば、けっこういけるかもしれない。トリノの時は誰もメダルを取れずに、みんなふさぎこんでたじゃないですか」

   金を取れるとしたら、愛子ちゃんとフィギュアだそうで。「今回は本当に大変だと思いますよ」と、オグラはどこまでもシブい顔であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中