2018年 5月 24日 (木)

木村カエラが「ちびまる子」歌う 「あたしゃー嬉しいよー」

印刷

   歌手の木村カエラが、アニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)の放送20周年記念に合わせ、主題歌「踊るポンポコリン」を歌うことになった。その喜びを、2010年1月18日のブログで改めて綴っている。

   木村は「ちびまる子ちゃん」を「小さい頃から愛してやまない」と表現するほどの大ファン。テレビで観ていたあのテーマソングをまさか自分が歌うことになろうとは、という感慨があるのだろう。「なんて事だろうか…いまいち理解ができない。だって、本当に大好きなんだもん」と、いまだに信じられない、といった様子。

   そんな「大好き」を読者に伝えたかったのか、ある写真をブログにアップした。子どもの頃の木村がボートに乗っている。そこで大切そうに手にしているのは、「まる子」が描かれた「うちわ」。これを今年の正月に「お婆ちゃんの家」で見つけ、「余計感動しちゃった」のだそうだ。

   変わらない「ちびまる子ちゃん」への思い。10日に放送された「第1回目」は、ライブのリハーサルを中断してまで「生鑑賞」した。「あたしゃー嬉しいよー」。「まる子」のセリフに似せて綴った一言から、その喜びが伝わってくる。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中