2018年 7月 18日 (水)

森泉 愛犬が「愛亀」に噛みついて…

印刷

   タレントの森泉がブログで、「愛亀」を紹介している。

   多くのペットを飼っていることでも有名な森。2010年1月19日の記事で紹介したのは、最初に飼い始めた亀、「ヨツユビリクガメ」の「ミセス」だ。大きさは12センチほどと手ごろで、「リクガメの中では一番飼いやすい」そう。ただ、そんなサイズが災いしたのか、かつて「大事件」が起こったのだという。

   ある日、森が帰宅すると、床やソファーに赤い血が点々とついていた。同じく森が飼っている愛犬の「ベラ」が、「犬のおやつ」と間違えて「ミセス」に噛み付いてしまったのだ。「ミセス」は甲羅が欠けて首がえぐられるという大変な目に…。大量に輸血をし、甲羅と首の皮ふを縫って、なんとか「助かった」という。

   獣医によると、犬と亀を飼っている家庭では「よくあること」なのだそうだ。「ちゃんと監視できるところで放し飼いにしましょう」と注意され、その日は「かなり反省」したという森。今は「元気いっぱい」の「ミセス」に「まだまだ長生きしてほしい…」と綴っていた。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中