パンクブーブーの行く末 NON STYLEの二の舞?

印刷

「おしゃれイズム」(日本テレビ) 2010年1月17日 22時~

   この日のゲストは昨年末のM-1王者パンクブーブー。前年の王者NON STYLEがいまひとつブレイクせず、むしろ2位のオードリーにおいしいところを全部持っていかれてしまった感じだが、今回のパンクブーブーもNON STYLEに輪をかけたような地味さで華がないことこのうえない。
   登場するなり、森泉に「相当面白いんでしょ?」と上から目線で言われ、ネタをやることになったものの1分にも満たないようなショートショートネタを披露。その後、それぞれの住んでいる部屋の様子を撮ったVTRや、シークレットゲストとして母親や中学時代の元カノが出てきたり、という内容だった。M-1王者に輝いたパンクブーブーとはどんなコンビなのか? ということには多少興味もあるが、中学時代の元カノが登場して、どっちから告白したとかそういう話には一切興味はない。それを延々やるのだからたまらない。そんなことに時間を割くくらいなら、ちゃんとしたネタを見せるとか、コンビ結成秘話やこれまでの苦労話、ネタづくりはどちらがしているなど、聞くべきことはいくらでもあるはず。
   この番組を見てもパンクブーブーについてなにひとつ情報は得られず、コンビ名の由来すらわからずじまい。タイムリーなキャスティングをしても内容がこれでは意味がない。こんな扱いをされ、パンクブーブーの先行きが思いやられる。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中