小泉進次郎が「えげつない…」 予算委員会で聞いた「ささやき」

印刷

   自民党の小泉進次郎衆議院議員は2010年1月21日のブログで、衆院予算委員会で聞いた、えげつない「ささやき」について述べている。

   同日(21日)開かれた予算委員会に、質問者の小里泰弘衆議院議員の隣に座ってパネルを出す「パネリスト」として出席した小泉。そこで初めて知ったのは、「質問者の後ろ席からの『ささやき』」の存在だった。テレビでも伝わる「ヤジ」とは違って、視聴者の国民には気づかれない。しかし、その「ささやき」が、「えげつない…。具体的に書くのがはばかれるくらいタチが悪い」のだという。

   鳩山首相と小沢幹事長の政治資金問題を中心に質問した小里議員も「ささやき&ヤジ」をまともに受けた。「隣にいると助けたくなる、でも何も出来ない…」と小泉は悔しさを滲ませるが、小里議員は「堂々と最後まで質問を続けた」。そんな姿を見てか、

「私に質問に立つ機会が回ってきたら、ささやきに負けず、ヤジにもめげず、堂々と、大きな声で頑張ろう!」

と意気込んだ小泉。ただ、22日も「パネリスト」を務めるらしく、これについては「どんなささやきが待ってるでしょうか…」と少し不安そうに綴った。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中