1年後のオバマにみる 「1年後」の鳩山政権

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>2009年1月20日(現地時間)、オバマ米大統領の就任式があった。

   「歴代夫人は1000万円! オバマ夫人衣装のお値段は?」(スッキリ、09年1月22日)、「就任式のオバマVSブッシュ ネクタイに隠された真意」(スパモニ、同1月21日)、「米国よ、やめてくれ『Yes we can』~」(スパモニ、1月21日)などが取り上げた。

   スパモニ通信簿「米国よ~」は、獨協大教授の森永卓郎の懸念を伝えた。森永は、米国が多重債務状態にあると指摘した上で「地道に返すしかない」「今日みたいに盛り上がっていることとのギャップが4年後の再選の時に襲う」との見通しを披露した。さらに「考えたくはないがその時あり得るシナリオは戦争に行くこと。戦争だけはYes we canにしてほしくない」と注文をつけた。

   10年1月21日の朝ズバ通信簿は、就任から1年後のオバマ大統領を巡る現状を紹介した。白人支持率が1年前の63%から40%前後に下がり、無党派層支持率が62%から45%に落ちているという。

   09年9月に発足した鳩山内閣。1年後の10年9月の支持率はどうなっているだろうか。それ以前に、それまで政権は維持されているだろうか……

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中