「取材拒否の店」あっさり取材 羊頭狗肉の番組?

印刷

「取材拒否の店」(フジテレビ) 2010年1月23日 3時20分~

   毎週金曜深夜(土曜未明)に放送されている15分番組。ダチョウ倶楽部の寺門ジモンが自ら見つけて来た取材拒否の店を紹介するもので、この日は下町のステーキ割烹を紹介していた。店に行く前にジモンが店の紹介をし、同行のスタッフがそれにツッコミを入れるのがお決まりのパターンだ。「視聴者にはジャンクなほうが人気らしいですよ」「じゃあ今日駄目だわ。高級ステーキ割烹だもん」「高級っていくら位するんですか?」「3万円」「高級な店で取材拒否なんて(視聴者は)どうでもいいやってなりませんか? それ、ジモンさんがただ肉を食べたいだけなんじゃないですか」とか、「この店は秋元康さんや林真理子さんが行く店なんだよ」「ぽっちゃり系が行く店ですか」というようなやりとりをしながら、店までの道のりを歩く。ここから店まではジモンのまわりにモザイクをかけ場所を特定出来ないように配慮され、ジモンが店主に直談判し、取材許可を貰えればカメラも入店出来るというかたちだ。
   ところが今回の店は「いつも見てるよ~」「ジモンちゃんだから特別」と歓迎ムード。取材拒否どころか取材大歓迎の店だったのである。これでは「取材拒否の店」というタイトルに偽りあり、ではないか。前々からあっさり取材させる店を「取材拒否の店」とするのはおかしいと思っていたが、なによりも、いつのまにやらジモンがグルメの権威のように扱われていることが解せない。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中