2020年 12月 4日 (金)

「聴くアート」って何? 風と遊び波とたわむれる

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   NHKの若手制作者たちが、演出・プロデュースするドキュメンタリー番組「ドキュメント20min.」。今回は、「聴く」を模索し続ける、世界的サウンドアーティスト・鈴木昭男にスポットを当てる。

   鈴木は、音を作ることに主眼を置いたサウンドアートの世界に、「聴く」という新たなフィールドを開き、国内外で高い評価を得ている。京都府京丹後市にある淡水湖「離湖」のほとりに立つ小屋で、サンタクロースのような風貌の鈴木は、ひねもす自然の音と戯れている。手製の楽器「アナラポス」で風とエコー遊びをし、日本海の荒波と浜辺の漂流物が奏でるシンフォニーに耳をすます。

   番組では、「人間が生まれつき持っていた無垢な感覚、聴覚を取り戻したい」という鈴木に密着し、耳の奥に潜む「人間本来の音に対する無垢な感覚」とは何なのかに迫る。

ドキュメント20min.

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中