官房長官の「斟酌不要」発言 「ワザと憎まれ役」説の真偽

印刷

<テレビウォッチ>「マー、コレはちょっと、ウーンというところ」と、見ていてショージキ仕分けたくなるような感想を漏らしつつ、進行する長谷川豊アナ。沖縄の基地移設問題に関して、平野官房長官が「(地元の選挙の結果を)斟酌してやらないといけない理由はない」と発言した件である。

「言い方変えれば…」

   「間違ってるワケでもないが、なにも選挙の次の日に言わなくても……」と長谷川。さすがに与野党から苦言、批判を呈されているという。

かも

   「平野官房長官、たまにこういう発言――ほかの閣僚と食い違いがあったりするが、言い方をちょっと変えれば理解を得られるのに、すっとストレートに言っちゃうんですよね」。司会の小倉智昭が一定の理解を示すと、コメンテイターの高木美保は、官房長官は汚れ役を買ってでたのではないかとの見方である。

ソーリをカバー?

   「『(鳩山総理が)言えない分、俺が言ってやる』という気概があるのかしらね」「総理のお役目としては無難なことしか言えないわけじゃないですか」

   「ソーリが言えない部分を俺がカバーしてやるなんて、思ってるかもわかんない」と、オグラも高木説に首肯気味であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中